NISAで失敗したって人いますか?

NISAとは分かりやすく考えると、

投信や現物株で稼いだお金を非課税にしましょうという仕組みです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、毎年120万円の非課税枠があります。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、1人1口座だけ持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損のある状態で期限である5年を迎えてしまった場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAにはロールオーバーという仕組みがあります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーついては基本的には同じです。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、あまり関係がないことなのかもしれません。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

といったことはよく言われていますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

NISAのリスクは主に2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、投資と預金の最大の違いであるリスクリターンの考え方になれるということです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、起こりうるリスクがどうやって現実化していくのかというメカニズムを知ることです。

株について言えば会社の業績や先行きなどが株価に影響を与えます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

NISAが始められるのは2023年までです

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これから運用をはじめる方にとってはあと僅かな期間になってきました。

この期間迄は、すでにNISAの運用をしていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な収益を計算しておきましょう。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?あなたがもし初心者だったとすれば、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、リスクリターンという両面性についてです。

これは単純に預金より投資のほうがリスクが大きいという話ではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

株であればその会社の業績が下がると値が下がっていきます。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

といったことはよく言われていますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

株式取引をメインに考えてみますと、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

NISAは解約できるのか知りたいと言う方もいるかと思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

いつでも解約可能な点は、原則60歳までは解約不可となっているiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元あたり数万円から数十万円なので、多くの銘柄に投資するということはできません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

一方で投資信託の場合は複合的な金融商品のため、年間120万の枠があるNISAでも分散投資が可能です。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

期限が切れた時に私たちにはいくつかの方法が用意されています。

その時に一度売却してしまうというのが分かりやすいですね。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

あとはNISAではなく普通の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAとは?というところから丁寧に説明してくれますから、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。