NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな

ということをお抱えの経済のプロのような人が雑誌などで言ってたりしますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株式取引を例に考えてみますと、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、NISAの場合口座へ引き継ぐ際、手数料こそかかりませんが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

ですから、引継ぎをする場合でも含み損が出ているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが得策かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失が発生したときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度手放してから、買い戻しをするという作業をしなければいけないかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

1年に1回だけ変更可能になりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まず最初に考えなければいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしか持つことができませんので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

ネット証券は手数料が安いので特におすすめです。

単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。

投資金額があまり高額でなければ、キャンペーンを重視するのもありです。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

ただはじめるだけなら近所にあるゆうちょや銀行の支店などでもはじめられます。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券を利用することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型になります。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に特に興味がないのであれば、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

残高が0にならないと解約はできません

NISAの解約方法について気になる方もいらっしゃると思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

解約しようと思えばいつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、減ってしまうリスクは怖いですしね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクではなく、何のためにやるのかという目的です。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

NISAとは分かりやすく考えると、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

海外にもあった仕組みなのですが日本では2014年にスタートして、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、配当や売買差益といったものがその対象になっています。

5年間までという制限があるのですが、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がそのもののリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

投資に興味がある方はNISAのはじめ方から勉強してみるのがいいかもしれません。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、堅実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券がオススメです。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターン型になります。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に特に興味がないのであれば、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先にすすめられて…などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAについて詳しく説明してくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、支払うコストが低くなるということですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。