NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきます

通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

制度終了後に非課税期間を満了したとしても、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円程度がかかるため、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度に高額な資金を投資するという心理的なハードルも高いですね。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

投資に回す予算をあまり取れないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAとは簡単に言うと、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、現在毎年120万円の非課税枠が設定されています。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、実際には一人につき一口座と決まっています。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、配当金や分配金や譲渡益といったものが対象です。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

NISAは解約できるのか知りたいと言う方もいるかと思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって細かい手順は違うと思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAと積立NISAの違い端的に紹介すると、現物株や投資信託が扱える通常のNISAとは異なり、投資できる金融商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託のみの扱いとなりますが、その中でも分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロのノーロードであること、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

株式取引を例に考えてみますと、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

となるとお金がない人は参加できませんし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、何も考えずに投資をすると結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、移すことをロールオーバーといいます。

NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、気にしなくていい情報かもしれません。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用を任す場合、手数料や信託報酬といったコストが発生しますのでその点はご注意ください。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

この決められたNISAの投資枠をどうするかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、何も考えずに投資をすると結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAで取引が可能なものは、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的リスクの少ない債券についても対象外になっています。

比較的人気のある外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

もちろん、FXなどのハイリスク型と呼ばれる商品も含まれません。

NISAという商品の誕生理由は、日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

一応解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗というのは、期間終了時に含み損が発生していた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、NISAに限ったことではなく、値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISAと積立NISAの違いは、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる商品が限られています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料がゼロであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することはできないのも注意が必要なポイントです。