NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると、含み損後の金額が基準になってしまうので余計に課税されることです。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリットを避けるがゆえに起きるリスクというのは、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAは解約できるのか知りたいと言う方もいるかと思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

ただし条件があって残高があると解約はできません。

証券会社などによって手順は変わってくると思いますが、廃止手続きをするための案内がありますからそれにしたがって進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳までは解約不可となっているiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということはそれだけはじめやすいということでもありますね。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

一応解説すると、120万円までという枠ですから、合計120万円を超える商品は購入することはできません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度がはじまった当初から少しかわって、1年に1回だけ変更可能になりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

NISAの運用期間は2023年までとなっています。

これはNISAが始まったとき決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーの制度が利用できたのですが、これからはじめる方はこの制度は利用できないと考えて良いでしょう。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

NISAで運用していた非課税口座と一般の課税口座の間で移行させることで、最終的な売却時の支払いが損になるかならないかを見極めましょう。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長5年という制限が設けられていますが、この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、そのまま移行することをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーの扱い関しましては基本的には同じです。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、あまり関係がないことなのかもしれません。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

私たち一般人が日常の生活の上で、ちょっとした資産運用で投資を始めようとするときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?

取引先にすすめられて…などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。

ゆうちょや銀行などは、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、出費が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

できるだけリスクを低くすることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品ゆえにはらんでいるリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗というのは、期間終了時に含み損が発生していた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAに限ったことではなく、値下がりしたら損するということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これからNISAをはじめる方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーで持越しが可能でしたが、これからNISAをはじめる方はあまり関係ないと言えるでしょう。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

NISAで運用していた非課税口座と一般の課税口座の間で移行させることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損のある状態で期限である5年を迎えてしまった場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益ということになり、含み損が出ているのにも拘らず税金を課せられてしまうのです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういう手間など総合的なコストを考えると実際的なデメリットと言えそうです。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって細かい手順は違うと思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要書類につきましては手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということはそれだけはじめやすいということでもありますね。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAのリスクは主に2つあります。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という期限がついている点です。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。