NISAが始められるのは2023年までです

当初から決まっていたことではありますが、

これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからNISAをはじめる方はあまり関係ないと言えるでしょう。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却もしくは、課税対象の普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で株や投資信託を移行させることで、最終的な収益を計算しておきましょう。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

株式取引を例に考えてみますと、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

NISAのリスクは大きく分けて2つあります。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という期限がついている点です。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

というのもNISAというものは最長5年間という有効期限があるからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

NISAによる資産形成はときどきニュースになりますし、コンビニに置いている雑誌など身近なところでも目に触れる機会があると思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

なぜかと言うと、投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度に大金を投資するという点で心理的なハードルも高くなります。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限定されているNISAでも分散投資が実現できますね。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?

通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

あとはNISAではなく普通の証券口座に移行するというのも可能です。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、損を抱えたまま一般的な証券口座に移した場合、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる商品が限られています。

積立NISAでは投資信託のみの運用になりますが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料が0円であること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円迄ですからかなり違いがあると言えますね。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することはできないのも注意が必要なポイントです。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとってはあとわずかな期間になってきましたね。

この期間まではすでに買っていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからはじめる方はこの制度は利用できないと考えて良いでしょう。

ではNISAの期限が切れると果たしてどうなってしまうのでしょうか?その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度がはじまった当初から少しかわって、1年に1回変更できるようになりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

NISAとは分かりやすく考えると、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、現在毎年120万円の非課税枠が設定されています。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、実際には一人につき一口座と決まっています。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

最長で5年間という制限があり、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

NISAで投資信託を行うのは初心者と言われています。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株の場合は一般的には、1単元あたり数万円から数十万円程度がかかるため、投資できる数は限られてきます。

一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

投資資金があまりないという方にもおすすめですね。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。