フラット35住宅ローンを選ぶには?

人気のあるフラット35住宅ローンを選びたいという方も多いですが、実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。
なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。
けれども、変動の場合は金利によって金額も変わるのでローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがありますね!それなのに、低い金利が続いている今の世の中ではおよそ4割の方はこちらを選択しているという結果がありますね! 他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。
マイホームの資金調達として役立つ住宅ローンローン申請は、銀行等で受け付けています。
ローン申請の際は、むこうから提示されるいろいろな資料を用意する必要がありますね!結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。
ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。
といった様な簡単なものではありません。
不可。
という場合もあり得ます。
基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。
フラット35住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
フラット35住宅ローンの金利は大きく分けて変動金利もしくは固定金利がありますね! どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方に、おすすめですよ。
などと言われる事はありません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。