NISAには期限がある?非課税期間とは?

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

しかしながら、実際にNISAをはじめるかどうかは難しい問題ですよね。

預金しても金利が低いからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減らしたいわけじゃありませんからね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクではなく、何のためにやるのかという目的です。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAとはということについてシンプルに考えてみると、株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

日本では2014年にスタートして、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、実際には一人につき一口座と決まっています。

課税されないというのは素敵な響きですが、配当や売買差益といったものがその対象になっています。

最長で5年間という制限があり、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年間という非課税期間の期限を迎えた場合、証券会社の場合、特定口座か一般口座へ引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

引用:http://www.kabuho.net/mochitsudukeru.html

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益ということになり、含み損が出ているのにも拘らず税金を課せられてしまうのです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?もし投資をしたことがないという初心者なら、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、リスクリターンという両面性についてです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、起こりうるリスクがどうやって現実化していくのかというメカニズムを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?取引先にすすめられて...などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、基本的には手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAについて詳しく説明してくれますから、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、出費が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

できるだけリスクを低くすることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

なぜかと言うと投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元あたり数万円から数十万円なので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

投資に回す予算をあまり取れないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって細かい手順は違うと思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的には非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付します。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

NISAにはロールオーバー制度があります。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、移すことをロールオーバーといいます。

NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、あまり関係がないことなのかもしれません。

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

初心者の方のために念のため解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まず最初に考える必要があるのは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人一つしか持てませんので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

数ある証券会社の中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買にかかる手数料がかからないというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額が大きくないのであればキャンペーンを重視するというのも一つの手です。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

株を例にとってみると、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

となるとお金がない人は参加できませんし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

これははじめから決まっていたことではありますが、これからNISAをはじめる方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間迄は、すでにNISAの運用をしていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーの制度が利用できたのですが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。

NISAのリスクは主に2つあります。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という非課税期間の期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度手放してから、買い戻しをするという作業をしなければいけないかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。