転職エージェントでは面接のシュミレーションもしてくれるの?

転職活動は在職中から行動を始め、転職先が決定してから退職するのが理想です。
退職してからの間がフリーに使えますし、すぐにでも就業することはできますが、転職先がすぐに決まらない状況もありえます。
無職の間が半年以上になってしまうと、採用通知が来なくなる傾向になりますから、勢いで現状の職を辞めるような公言をないようにしましょう。
面接を行う時には、身だしなみにはくれぐれも気をつけておきましょう。
清潔な印象のある装いで面接にチャレンジするということが大事です。
ドキドキするだろうと思いますが、あらかじめ何度もシミュレーションしておき、面接の準備をしておいてください。
面接で問われることはほとんど決まっていますから、前もって答えを用意しておくことが大切です。
転職の履歴書中に前職の会社名や勤務年数などの略歴を書くだけだと、それを読む採用担当の方にこれまで行ってきた仕事を知ってもらうことはできないのです。
どんな部署にいて、どのような仕事を行ってきて、どういった成果を残したのかやスキルを身につけたなどの説明を足すことで、人事の人の目に留まりやすくなります。