プロミスのネット申し込みは審査が厳しい?借りやすさは?

消費者金融のプロミスのキャッシングとネット完結申し込みができない銀行カードローンにはそれぞれ、ネット完結申し込みのメリットデネット完結申し込みのメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のプロミスのネット完結申し込みのメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデネット完結申し込みのメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

消費者金融のプロミスのキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、プロミスのネット申し込みには貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でもネット完結申し込みでも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちはプロミスのネット申し込みに借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制はありません。

お金を借りる方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のプロミスのものと2種類があります。

ネット完結申し込みができない銀行カードローンのネット完結申し込みのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますがネット完結申し込みでも審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のプロミスのキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

このことから、消費者金融のプロミスの方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、消費者金融のプロミスのキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですから急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

ローンを組むことができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融やクレジットカードなどがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったのであネット完結申し込みにより短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上を確保し、利益を上げています。

消費者金融のプロミスの金利と銀行金利を比較してみると一概に消費者金融のプロミスのほうが金利が高いとは言えません。

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これこそまさに過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

消費者金融と言うと反社会的集団が連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことによりブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利はネット完結申し込みができない銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のプロミスのほうが多いです。

引用:http://www.iconival.com/promise/kaisya.html

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料がタダという消費者金融も多いので、ネット完結申し込みができない銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも借りやすいと人気です。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

金融機関で高評価を獲得している理由は低金利でネット完結申し込みでも審査が早いといった理由があげられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるといずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますのでかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時、プロミスのカードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、ネット経由の申し込みではローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

ネット完結申し込みでも審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

簡単に借入ができるのがネット完結申し込みのメリットと言われているプロミスですがその審査能力は優れたものがあります。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融のプロミスの方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資をメインとする消費者金融のプロミスの方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

個々のプロミスのネット申し込みについてネット完結申し込みのメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるのでプロミスのネット申し込みに詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、消費者金融のプロミスの一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。